画歴

師事 林 武画伯から指導を受ける

1945年 9月21日 東京生まれ
1961年 相模湖 油絵をはじめて描く、油絵作品第1号5月5日(15才8ヵ月16日)
1964年 大潮会展入賞
1966年 二科展初出品入選
1967年 現代美術家協会初出品新人賞受賞
       会友推挙3回連続入選
1969年 現代美術協会退会
1970年 二科展記念受賞
1971年 美を命として 當間君 林 武画伯から色紙を戴く(1月4日)
       小原流 生け花師範免状取得
1972年 耐えよ学べ求めよ与えられん 當間君 林 武画伯から色紙を戴く(2月17日)
       羽田空港12時50分発SU576便で巴里は出発(2月27日)
      
       オーベル(フランス)ヴァン ゴッホのお墓に日本から持って来た絵具、
       スケッチブック、煙草、お酒を奉納する。
       絵具と何十年も使用していたぺディングナイフをヴァン ゴッホのお墓に
       埋める

       羽織 袴 高下駄 番傘で、デモンストレーションを展開
       シャンデリーゼ 凱旋門 エッフェル塔 英国バッキンガム宮殿前で
       生け花を活ける  ナイティーン誌で報道される
    
       渡仏 パリ国立美術学校入学
       グラッションエミールに学ぶ
       ル・サロン仏官展入選
1973年 東急日動画廊當間久夫滞欧作品展 178点開催 (東京)
       アトリエ取材報映 TBSテレビ生出演 (東京)
1975年 二科展入選 以降10回連続入選
1976年 東海出版・美術サロン吉武 主催 
       林 武画伯の愛弟子、當間 久夫の林 武画伯一周忌記念個展
       380点開催 (名古屋)
       サルーンドゥ崑 (俳優 大村 崑)主催
       當間 久夫の華麗なる作品展 200点開催 (大阪)
       太陽美術協会入選 以降3回連続入選 会友推挙
1978年 太陽美術協会会員推挙
1980年 太陽美術協会退会
1984年 フランス国内美術展特別賞受賞 (1985年同賞受賞)
       ドービル国際展審査員賞受賞 (1987年まで同賞連続受賞)
       アンデパンダン展 出品 (以降毎年出品)
1985年 サロン・ド・トンヌ展出品
       ローマ国際展技術賞受賞
       コート・ダジュール国際展最終審査賞受賞 (カンヌ) 1989年まで毎年同賞受賞
1986年 ル・サロン出品 以降毎年出品
       現代フランス展招待出品
       ローマ国際展功労賞受賞 (1989年迄毎年同賞受賞)
1987年 アンデパンダン会員推挙、出品
       ナショナル・デ・ボザール出品
       サロン・ド・トンヌ出品
1988年 ドービル国際展最終審査賞受賞
       現代フランス展招待出品 (スイス パーゼル)
1989年 現代フランス展招待出品 (スイス ジュネーブ)
       ドービル国際展最終決勝賞受賞
       ナショナル・デ・ボザール出品
1990年 第一回東京アートエキスポ出品 (晴海)
       アンデパンダン展出品
       ドービル国際展最終審査賞受賞
1991年 第二回東京アートエキスポ出品 (晴海)
       ドービル国際展審査委員賞受賞
       ヴェルジック国際展最終審査賞受賞 (ベルギー)
       コート・ダジュール国際展情熱賞受賞 (カンヌ)
       アンデパンダン展 出品
       當間 久夫展開催 アート・ミュージアム・ギンザ (銀座)
       『林 武画伯の愛弟子情熱とロマンに翔ける』
       『炎の画家 當間久夫展 渡仏20周年記念』
       彩林会展招待出品 彩林画廊 (銀座)
1992年 林 武賞招待出品東京セントラル映画館 (銀座)
       コート・ダジュール国際展最終審査賞受賞 (カンヌ)
       ドービル国際展最終審査賞受賞
       アンデパンダン展 出品
1993年 コート・ダジュール国際展最終審査賞受賞 (カンヌ)
       ヴェルジック国際展推薦賞受賞 (ベルギー)
       アンデパンダン展 出品 アンデパンダン展連続10回出品
       小田急百貨店 當間久夫展開催 (新宿)
       ドービル国際展最終審査賞受賞
1994年 コート・ダジュール国際展最終審査賞受賞 (カンヌ)
       ブルージュ国際絵画展記念賞受賞 (ベルギー)
       アンデパンダン展 出品
       フランス国 芸術会員
1995年 コート・ダジュール国際展審査賞受賞 (カンヌ)
       小田急百貨店 當間久夫展開催 (新宿)
       ギャラリー青羅「美術会館」 當間 久夫展開催(新宿)
       ヴェルジック国際展審査賞受賞 (ベルギー)
       アンデパンダン展 出品
1996年 コート・ダジュール国際展審査賞受賞 (カンヌ)
       ヴェルジック国際展審査賞受賞 (ベルギー)
       アンデパンダン展 出品
1997年 ギャラリーモマンプレザン 當間 久夫展開催(静岡)
       小田急百貨店 當間久夫展開催 (新宿)
1998年 ギャラリー明治 當間久夫展開催 (新宿)
2004年 シェル理美容店 當間久夫展サイン会開催 (東京)

アトリエは作品であふれています。
絵が完成。 納品前に記念写真

戻る

一言、三言

ゴッホへの憧れを稔らせた男として、本にも書かれている
そのひまわりの絵は、日本のゴッホといってもよい
豪快でコテのみで描かれた絵は、重圧な絵の具で表現される
その絵は一枚の写真では、けして判断してほしくない作品。
その凹凸と絵の具の持つ光沢が、与える光により、表情が
変わる。
そのゴッホの生きた時代のろうそくの炎では、どんな表情を
みせてくれるのだろうか


おすすめの一品 ヴェネツィアの燃える太陽




                            もりやま

東京都在住

1945年

當間 久夫 Hisao Toma

Go to Art page